麻薬より危険な食べ物

ハフポストジャパンに、恐ろしいタイトルの記事がありました。「麻薬より危険な食べ物」。犯罪ではなくて、「やめられない、止まらない」という意味ですって。
ピザ、チョコ、クッキー、アイス、フライドポテト、チーズバーガー、炭酸飲料、ケーキ、チーズ、ベーコン、フライドチキン、ロールパン、ポップコーン、これらが要注意の食品。
で、満腹なのに食べ出したら止まらないと、危険信号なんですって。うーん、この中には心当たりはないですね。ほとんどアメリカのジャンクフードですかね。油っ気、多そう。
私の場合、皮つき落花生、これ、いつまでも食べられますね。特に薄皮のまま食べるのが、最高です。それから、亀田の柿ピー、これも危険です。でも、小袋入りなので「もうやめようか」という理性が働くようです。
人によっていろいろでしょうね。母は、唐モロコシが辞められません。姉は枝豆がとまりません。たしかにね、枝豆は、キリがないです。ピーナッツと同じですかね。この間は、冷凍枝豆を買ってきて、「いつでも食べられる」って、喜んでました。
節分の豆も、キリがないですね。「年の数だけ食べないと、年とっちゃうよ」と、怒られてましたけど、香ばしく炒った大豆は、カリカリして、ほんとに美味しいものです。
大豆を焦がさず美味しく炒るって、かなりテクニックを要します。厚手の鉄鍋でないと、すぐに焦げてしまいます。これは、お醤油の香りの素でもあるのですね。
うーん、危険だ。背中の毛が濃い女性に…