ストレス性蕁麻疹

この頃、とみに皮膚が弱くなった気がします。たとえば、バッグにちょっと重いものを入れて肘掛けで持っていると、腕の皮が剥けてたりします。こんなこと、いままでなかったことです。持ち物は辞書や原稿など、重いものばかりですから。
次に爪が割れるようになりました。それもパキ、ではなく、ふにゃ、て感じです。窓を閉めようとして、ガラスに当たってふにゃ、て感じ。なんだか気味がわるいです。カルシウムの不足でしょうか。でしょうね。
でも、牛乳ごくごく、というわけにいかないのです。大好きなのですが、実は、腎臓に結石があるのです。だから牛乳飲むと、石が大きくなる気がして。もちろん、そんなことはないのでしょうが、なんだか、気分がね。
そうこうしているうちに、太ももに赤いブツブツが出ました。なんだこれは、という感じです。そのうちパンツのベルトあたりにも。こりゃ、刺激性の蕁麻疹でしょ。と、しろうと判断。暑かったせいでしょうか、なんて、これもしろうと判断。
で、蕁麻疹によく効くのは、これまたカルシウム。そういえば、このところ、なんでもないことで、苛ついてたな、と。やっぱりカルシウムのせいですかね。で、他に原因は、と考えると、ダニかもしれない、という線もありです。ま、疑いだしたらキリがありません。
だから、カーペットをはずして、ダニ予防のスプレーをカーテンからソファ、布団に振りまきました。気のせいか、ブツブツがなくなったような。ともかく猛暑でしたから、体が消耗していることだけは確かですね。とりあえず、家じゅう、バルサンします。WebSite